doc3.jpg
 

​脳波と自然周波の関係

脳波のα波と、自然周波7.83Hz

1925年にドイツのハンス・ベルガー医師が、人間の脳波にはβ波、α波、θ波、δ波という基本波があることを発見しました。彼は、人間の異なる状態において異なる脳波値が明確に表れることを発見しました。

1952年にはドイツの物理化学者ヴァンフリート・オット・シューマン博士が、地球の大気圏内を一種の自然に発生する周波数が覆っていることを発見し、彼はこの現象を「シューマン共振」と名付けました。彼はその後更なる研究を重ね、シューマン共振の周波数 (7.83Hz) と人間の大脳で発生するα波がほぼ同じだということを発見しました。

現在、人間の脳や心臓・神経系の電気的活動が体内や周囲に発生させる生体磁場と自然界や人工的に作られた他の磁場が相互作用することによる、私たちの健康や心臓や脳のリズムなどの機能に与える影響が、多くの科学者によって発見されています。

inside2.png
inside1.png
inside3.png

NATURAL FREQUENCY
TECHNOLOGY®

ナチュラルフリークエンシーテクノロジー

自然周波数技術(NATURAL FREQENCY TECHNOLOGY®)は、人体と地球の調和のとれた生活をサポート。
自然周波数を利用することで、
目覚めがスッキリするようにパフォーマンスを

向上させてくれます。

NATURAL FREQUENCY
TECHNOLOGY®

​臨床研究の成果

ナチュラルフリークエンシーテクノロジー

米国の数々の臨床研究によって、

Natural Frequency Technology®(NFT)の効果が認められています

​その一例をご紹介します

医療チーム
2016
NFT技術によるメラトニンの変化

実験により、NFT技術の曝露下におけるY79細胞のメラトニン生成量は、対照ディスクの曝露下にある同一の細胞のメラトニン生成量と比較して20%増加していることが証明されました。

科学的見地から、Y79のヒト網膜芽細胞腫がNFT技術の曝露下においてメラトニンの分泌に直接影響を及ぼすことを初めて示し、さらには低周波磁場がヒトの身体の健康に好影響をもたらすことを示しています。

 

グレン・ティビット博士

サイモンフレーザー大学

サイモンフレーザー生物医学、生理学および運動機能学 専門実験室

2018
NFT技術による睡眠の研究

検証により、NFT技術の効果が以下のように証明されました。

ー 深い睡眠の向上
ー 睡眠の長さの向上
ー 情緒と創造力の向上
ー 全体的な睡眠の質の向上

フロリダ・ジャクソンビル大学

実験室科学者
プロフェッサー
2019
NFT技術によるストレスと健康の研究

高レベルの自覚ストレスを抱える成人の認識、睡眠、気分に対する、NFT技術の効果ランダム化二重盲検、プラセボ対照交差を4週間に渡って試験。

100%の被験者が少なくとも1回の睡眠の質が向上したとフィードバック、同時に86%の被験者が全体的な睡眠の質が良い方向に変化しているとフィードバック。

NFT技術採用のブレスレットを装着することで、睡眠の質、不眠症状、自覚ストレス、気分、食物渇望、および認知に関する結果が改善されることが本試験により確認されました。(ただし、プラセボ効果の存在も確認されている)

ヘザー A. ハウゼンブラス 

フロリダ・ジャクソンビル大学

MEDIA

Natural Frequency Technology®(NFT)の科学、医学、学術分野における検証は

​数々の専門誌で紹介されています

science2.jpg

SLEEP SCIENCE 

睡眠科学ジャーナル

ー自然周波数 (NFT®) テクノロジーは、不眠症の若者の睡眠と情緒において効果的な変化をもたらす。

ー実験方法:ランダムサンプリング、二重盲検法、さらにプラシーボコンロトールの方法で実施。

science4.jpg

Stress Study University

of Jacksonville 2019 

​ストレス研究 2019

ー自然周波数 (NFT®) テクノロジーにより、統計するに値する結果を観測。明確に以下の項目の向上が認められた。

• 感知可能なストレス

• 認知能力

• 全体的な睡眠の質

• 食べ物に対する欲求

science3.jpg

Brain and Behaviour 2020

​大脳と行動の研究

ー自然周波数 (NFT®) テクノロジーは、睡眠認知と情緒の面で高いストレス感知能力を持つ成人に対して効果的な変化をもたらす。

ー実験方法:ランダムサンプリング、二重盲検法、さらにプラシーボコンロトールの方法で実施。